ネット上には実にたくさんの出会い系サイトが存在していますが、そのすべてのサイトで出会いが探せるわけではありません。

なかには、利用者から料金や個人情報を騙し取るだけの悪質なサイトも存在しているので、サイトを選ぶ際は十分な注意が必要です。

ここでは、ネット上に数多く存在するサクラを使った悪質な出会い系サイトについて書いています。

巧妙化するサクラの手口

出会い系サイトがネット上に登場して随分と長い年月が経ちますが、未だにサクラサイトで被害に遭う人たちが後を絶ちません。
利用する方は「出会い系サイト=サクラに注意」という認識を持ちながら、なぜこうもサクラに騙されてしまうのでしょうか?

サクラによる被害が未だに無くならない理由の一つに、サクラの手口が巧妙化していることが挙げられます。

出会い系サイトが運営を始めた当初のサクラは主にポイント制のサイトに潜んでおり、相手の会員になりすまして故意にメールのやり取りを繰り返したり、有料のコンテンツを利用させることで利用者から料金を騙し取っていました。

それが、今では芸能人やその関係者になりすまして利用者を騙しているサクラがいるわけですから、大胆不敵にもほどがあります。

しかし、それでも騙される人は多く、なかには数十万から数百万というお金を騙し取られた人もいるわけですから、如何にそこでのやり取りが巧妙化しているかをうかがい知ることができます。

冷静に考えればそんなうまい話はない…と言い放つ人もいると思いますが、誰も騙されようとして騙されているわけではありません。
サクラはサギのプロ集団…。
次に騙されるのはあなたかもしれませんよ。

サクラの脅威はポイント制だけじゃない

先ほど「サクラは主にポイント制のサイトに潜んで…」と書きましたが、ご存じの通り今では定額制や完全無料の出会い系サイトでもサクラは潜んでいます。

悪質な定額制の出会い系サイトに潜むサクラは、利用期限が近づくと突如として現れ、もう少しで出会える…と言うところまで引っ張って利用期限を延長させます。
もちろん、利用者が期限を延長したとたんに連絡が来なくなります。(サクラですから)

悪質な無料出会い系サイトに潜むサクラは、機能面やサービス面に不満を訴え他の有料のサイトに誘導します。
誘導されるサイトはもちろんサクラサイトで、料金も高額に設定してあるので被害も大きくなります。

サクラの目的はお金だけじゃない

これまで、サクラサイトに登録してしまうとお金を騙し取られる…と言ったことを書いてきましたが、サクラの目的はお金だけではありません。
サクラのさらなる目的は利用者の個人情報になります。

悪質な出会い系サイトでは、利用者が登録したアドレスを悪用したり転売するケースが多くあります。
拡散されたアドレスにはスパムメールが山のように送られてくるので、できるだけ捨てアド(フリーメールアドレス)を利用するようにしましょう。