出会い系サイトのように便利で画期的なサービスが登場すると、必ずと言って良いほどその利便性につけ込む詐欺が横行します。

架空請求もそのひとつ。

悪質な出会い系サイトによる架空請求は、金銭トラブルなどで下手に表沙汰になることを臨まない利用者の弱みにつけ込んだ、まさに悪質極まりない詐欺と言えるでしょう。

ここでは、悪質な出会い系サイトによる架空請求の実態と対処法についてまとめています。

架空請求の実態

まず、はじめに悪質な出会い系サイトによる架空請求とはどのようなものなのかを見ていきましょう。

もし、あなたが出会い系サイトに登録していたとして、実際に利用していないサービスをあたかも利用したかのように見せかけて、法外な料金を請求されたらどうしますか?

実際に利用していないサービスを請求されているわけですから、何かの間違いだろうと放っておく人もいれば、文句のひとつでも言ってやろうという人もいるでしょう。

その後も、相手は督促といった感じでさらに法外な料金を請求してきます。
それどころか、今度は「請求に応じない場合は○○裁判所に訴訟を起こします」的な内容が添えられています。

こうなったとき、悪質なサイトによる架空請求であることが分かっていれば、無視してそのサイトの利用をやめればすむことなのですが、「裁判所」や「訴訟」という言葉に惑わされ、その上出会い系サイトを利用していたという後ろめたさも相まって、請求に応じてしまうケースも少なくないのです。

まさに、これが架空請求です。

架空請求の対処法

それでは、架空請求を受けた場合にどのような対応をすれば良いのでしょう?

架空請求の対処法は、ひたすら無視をすることです。
もちろん、架空請求をしてくるようなサイトの利用はすぐにやめてしまいましょう。
そして、相手が請求してきたメールアドレスを破棄します。
そのためにも、登録するメールアドレスは捨てアド(フリーメールアドレス)を使用するようにしましょう。

先ほど、「文句のひとつでも言ってやろう…」と書きましたが、相手先に連絡するのはとても危険です。
もし、電話でもしようものなら相手先に電話番号を教えることになり、今度は電話を使って請求してきます。

万が一、相手先に電話番号や住所を知られて架空請求が悪化してきたら、身近にある消費生活センターや場合によっては警察へ相談しましょう。

架空請求を未然に防ぐには…

悪質な出会い系サイトによる架空請求を未然に防ぐには、悪質なサイトに登録しないことが最善の方法になります。
何じゃそりゃ?みたいな回答になりますが、架空請求を未然に防ぐには悪質なサイトを見極めるしかありません。

そして、サイトに登録する際は必要以上の個人情報を提供しないことが大切です。
登録したサイトが悪質なサイトで会った場合は、登録した個人情報はすべて悪用されることになります。

また、特定の相手とメールのやり取りが始まった場合でも、住所や電話番号の交換は避け、同時に個人が特定できるような情報も漏らさないようにしましょう。